こんにちは!三重県四日市市に拠点を構え、プラント配管やサニタリー配管などの配管工事や、それに付随する溶接工事の施工を行っているKKテクノ株式会社です。
溶接の工法は数多くありますが、ステンレス溶接にはどの工法を使えばよいのでしょうか。
今回は、ステンレスに使われる溶接の種類を、3種類ご紹介いたします。

アーク溶接

「アーク溶接」とは、電極に電流を流すことで「アーク放電」とよばれる放電現象を利用して溶接を行う工法です。
アーク放電の熱は高く、あらゆる金属を接合できるため、ステンレス溶接においても多く利用されます。
また、アーク溶接は、低いコストで強度の高い溶接ができますので、さまざまな場所で活躍しています。

レーザー溶接

通信や医療など、幅広い分野で利用されているレーザーですが、溶接にも「レーザー溶接」という工法があります。
レーザー溶接の仕組みは、とても複雑です。
シンプルにご説明すると、溶接したい金属にレーザー光を当てて溶かし、接合するという工法です。
レーザー光はとても細いため、溶接したい部分周辺の狭い範囲でのみ熱を発しますので、他の溶接工法に比べ熱による金属のひずみが少なくなります。
ですので、難しいとされているステンレス溶接にも対応することが可能です。

電子ビーム溶接

電子ビーム溶接は、真空中で加熱したフィラメントから放出される電子を利用した溶接工法です。
エネルギーの密度は、アーク溶接の1000倍といわれていますが、レーザー溶接と同様、金属の溶接部分の狭い範囲にのみ熱を発しますので、金属の歪みやひずみを抑えられます。

お問い合わせ・新規スタッフについて

KKテクノへご相談ください!

弊社は、プラント配管などの配管工事や、溶接工事のご依頼を承っております。
配管の溶接工事においては、小さなミスで空いてしまった隙間でも、大事故に発展する恐れがあるのです。
そういったことが起こらないよう、弊社のベテランスタッフが細心の注意を払い、強度を保つことができる溶接工事を施工いたします。
配管工事から溶接工事まで一貫して施工を行っておりますので、配管工事や溶接工事でお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【求人】KKテクノでは新規スタッフを募集中!

弊社では、配管工、溶接工として、ともに働いてくださるスタッフを募集しております。
経験は問わず、未経験者の方には、配管工事や溶接工事の技術をしっかりと指導いたしますので、ご安心ください。
経験者の方には、資格の取得などでスキルアップをしていただけるよう、サポートいたします。
弊社の業務にご興味がある方は、お気軽に求人情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


四日市市などの三重県でプラント・配管・溶接工事は四日市市のKKテクノ株式会社
現在、業務拡大につき配管工スタッフを求人中です!
〒510-0814 三重県四日市市清水町3-32
電話:059-330-5252 FAX:059-330-5253