三重県四日市市を拠点に東海エリアで活動する配管工事業者『KKテクノ株式会社』です。
今回は、サニタリー配管について執筆いたします。

サニタリー配管とは

直訳すると『衛生的な配管』という意味をもつサニタリー配管は、洗浄のしやすさや汚れにくさを重視してつくられています。
その名のとおり、衛生管理を徹底しなければならない食品・化学品・化粧品などの工場で用いられる特別な配管です。

一般配管との違い

ここではサニタリー配管と一般配管との相違点をご紹介いたします。

■研磨処理の有無

サニタリー配管は汚れがつきにくい構造でなければならないため、外側も内側も研磨処理が施されています。
ひと目見ただけで一般配管とは違うとわかる程です。

■厚み

一般配管に比べて厚みがありません。
外径が同じであっても、サニタリー配管の方が薄い場合がほとんどです。
厚みを抑えて軽量化することで、取り外しての洗浄回数が多いサニタリー配管のメンテナンス効率を上げています。

■継手の仕組み

一般配管が『フランジ式、ネジソケット式』であるのに対して、サニタリー配管は『ヘルール式、ネジ式』を採用しています。
上述のとおり、サニタリー配管は頻繁に清掃が必要なので、着脱も容易になっています。

施工のご相談はお気軽に

KKテクノ株式会社では、サニタリー配管に関する施工も承っています。
管工事のプロが確認から施工・サポートまで一貫対応いたしますので、安心しておまかせください。
みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしています。


三重県四日市市でプラント・配管・溶接工事はKKテクノ株式会社
現在、業務拡大につき配管工スタッフを求人中です!
〒510-0814 三重県四日市市清水町3-32
電話:059-330-5252 FAX:059-330-5253
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する
弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする