配管の適切なメンテナンス・交換時期とは?

配管材料の寿命を知ることで、適切なメンテナンス・交換時期がわかります。

配管材料の寿命

実は配管材料の寿命を知るための耐用年数は、メーカーや研究機関ごとに多少異なります。
そのため、ここでは一般的な配管材料の寿命についてお伝えします。
配管用炭素鋼鋼管(SGP)は約10年~15年、銅管(CU)は約20年~25年、耐火被覆二層管は約20年~25年、水道用硬質塩化ビニル管(VP)は約25年、硬質塩化ビニルライニング鋼管は約20年~30年、ポリエチレンライニング鋼管は約20年~30年、一般配管用ステンレス鋼管(SUS)は約25年~30年、排水用鋳鉄管は30年以上となります。
これらを目安に配管の適切なメンテナンス・交換時期を知ることができます。

今すぐお問い合わせを!

配管工事のご依頼はございませんか?
配管工事・溶接工事の依頼先をお探しの方は、三重県四日市市のKKテクノ株式会社にお問い合わせくださいませ。
皆さまからのご連絡をお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。


三重県四日市市でプラント・配管・溶接工事はKKテクノ株式会社
現在、業務拡大につき配管工スタッフを求人中です!
〒510-0814 三重県四日市市清水町3-32
電話:059-330-5252 FAX:059-330-5253
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する
弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする